【読書感想】幡野広志『なんで僕に聞くんだろう。』

 
 なんで僕に聞くんだろう。
 幡野広志

 出版社:幻冬舎
 発売日:2020/02/06

聞いてくれる誰かがいる。ただそのことだけで救われることの大きさ。

 WEBメディア「cakes」紙上で連載されている写真家・幡野広志さんへの人生相談。
 私も羅列記事の方でよく紹介しているが、寄せられる相談の多くが、タイトルの「なんで僕に聞くんだろう」通り、どうしてわざわざそんな相談を幡野さんに投げかけるのだろうかと疑問に感じるものばかりだ。
 「そんなもの自分で考えろよ」とつい言いたくなる相談事でも、当の本人にとっては至極悩ましいことであるに違いない。しかしなんせ相談している相手は余命宣告を受けているガン患者。幼いお子さんも抱えている。残された時間は大変に貴重だ。相談者も少しは自重したらどうかと思うこともしばしばある。

 しかしながら相談を受ける側の幡野さん自身は淡々としたもので、どんなにくだらないように見える質問にも真摯に向き合い言葉を投げかける。
 そこには諦めや呆れといった感情的なものはなく、ただひたすらに相談者に対して真っ直ぐ向かう姿勢しかない。
 時に厳しくバッサリと切り捨てるような言葉も吐きかけるが、そこに嫌味や攻撃性はなく、むしろどこか温かく優しい。
 冒頭で、「自分の子供から相談されたことだと想像して」回答することにしていると書いているが、本書を読んでみると、幡野さんは相談者の声にゆっくり耳を傾け、決して相手を否定せず更に自分の考えも押し付けない、そんな姿勢が見て取れる。常に対等な目線の高さで飾ることがない。それ故にときに辛辣とも思える言葉でも躊躇なく放たれ、相談者側の心にもまた読んでいる者の心にも深く突き刺さるのだろう。

 どの回答も淡々としているが、その実、言葉の一つひとつが重い。相談内容の軽薄さとは裏腹に、気軽にサラッと読み飛ばせる本ではない。
 それは同時に、読めば読むほど新たな気づきと深い感慨を与えてくれることを意味する。
 
 私は幡野さんとほぼ同年代なのだが、同じような相談事をされた時、果たして同じように真摯に向き合えるか自信がない。
 自分の人生に対してさえしっかりと向き合えていないと、本書を読んであらためて自分の未熟さを痛感させられた気がした。

 Amazon
 
 写真集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする