【読書感想】浅見帆帆子『あなたは絶対!運がいい』

 
 あなたは絶対!運がいい
 浅見 帆帆子

 出版社:廣済堂出版
 発売日:2007/01/01

 負の感情をリセットし、ステキな未来をつくるには?

 Youtube講演家・鴨頭嘉人氏が、落ち込んだときには必ず読む本として話題になった本書。
 タイトル通り、ポジティブのオンパレードのような内容だ。
 
 日常でできるプラス思考を”自分の心を喜ばせる”こととして捉え、さまざまな方法論が示されている。
 それはなにか特別なことをするのではなく日常に小さな変化をつけること、ネガティブなものからポジティブなものへと変わる小さな行動だ。
 たとえば、日常生活の中ですでに起きてしまったことに対して苛立ったりした場合、そのこと自体にはなんの生産性もない。ただただ自分の負の感情を浪費したに過ぎない。
 それを「起きたことはしょうがない」とやり過ごすことができれば、本来浪費するはずの感情を他の事象に費やすことができる、とそんな具合。

 全体として若干スピリチュアル系の要素を感じるが、それを信じるか信じないかはその人それぞれとして、実際、ネガティブな人とポジティブな人が目の前にいたら、どちらが生き生きとしているか、容易に想像つくだろう。そして手段に関わらず、不安や心配といった負の感情を限りなくゼロにすることができれば、その人の人生がどう変化していくか、これもまた容易に想像がつくであろう。

 自分の身体は何を食べたかによって変わる。同様に心は何を聞いたかによって変わる。
 では未来は? それは自分が語ったこと、つまり自分の価値観や考え方によって変化していくものだ。人生は心の持ちようひとつで多彩に変化する。
 その事実を、大変ポジティブに伝えてくれる本書はある意味で癒しの極みなのかもしれない。

 スピリチュアル云々は別にして、とにかく勇気づけられやる気を奮い立たせてくれる。
 現代社会において、それがどれほど価値のあることか。……

 Amazon
 
 あなたは絶対!運がいい2

 あなたは絶対! 運がいい3

運は操れる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする