【読書感想】隈研吾『境界―世界を変える日本の空間操作術』

 
 境界―世界を変える日本の空間操作術
 隈 研吾

 出版社:淡交社 
 出版日:2010/03/03

「境界」をめぐる空間を切り取った不思議な写真集

 日本文化の底流には「内と外」や「ハレ」「ケ」といった、何かと何かを「分ける」意識が流れているが、その概念を空間操作術として積極的に取り入れ培ってきた日本建築において、それは明確な隔離というよりも、曖昧なグラデーションをもって柔軟にその関係性を維持している。

 本書はそんな日本建築の持つ「境界」をめぐる著者の解説と、そしてその空間を”切り取った”数々の写真が織りなす不思議で優美で贅沢な一冊。
 とにかくどの写真も美しい。
 「垣根」「門」「縁側」「鳥居」といった「境界」を象徴づけるそれぞれの装置。多くが文化財や旧家のそれだが、どのページを繰っても凛とした空気感が伝わってくる。
 さらにそこに付された著者の解説がまた端的で無駄が無く、現代建築の「壁」といった明確で物理的な遮蔽物にはない空間の隔たりにより一層興味をかき立てられ、深く掘り下げてみたい気持ちにさせてくれる。

 取り上げられている”空間”には今なお昔の姿を残す街角の一隅などにもスポットが当てられており、それだけでも十分な見応えがある。そんな素敵な写真”集”。
 
 Amazon
 
 境界の発生

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする